十日の菊(とおかのきく、とをかのきく)晩秋

【子季語】
十日菊、小重陽、残菊の宴、後日の菊
【解説】
九月九日(重陽、菊の節句)を過ぎた菊の意。「残る菊」とも「後日の菊」ともいった。「六日の菖蒲 「あやめ」」と同じく、時期に遅れて役に立たないものをたとえていう慣用句でもある。

*

いざよひのいづれか今朝に残る菊
芭蕉 「笈日記」

コメントは受け付けていません。