銀杏(ぎんなん)晩秋


【子季語】
銀杏の実
【解説】
銀杏(いちょう)が黄葉する頃、雌の株に黄色く熟す丸い実。落ちて臭気を発し、触れるとかぶれることがある。果肉の中に堅い種子があり、これを取り出して食用とする。

*

青々と池持つ寺や銀杏の実
原石鼎 「原石鼎全句集」

寺の井に竹簀の蓋や銀杏の実
原石鼎 「原石鼎全句集」

子等に落ちて黄なる歓喜や銀杏の実
原石鼎 「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。