寒肥(かんごえ)晩冬

【子季語】
寒ごやし
【解説】
寒中に農作物や庭木などに施す肥料のこと。やがてはじまる草木の活発な活動に備えて、土壌に十分に栄養を与えておく。

*

松の木に寒糞かけて夜の雨
一茶 「文化句帖」

風の中寒肥を撒く小走りに
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。