鷹狩(たかがり)三冬

【子季語】
放鷹、鷹猟、鷹野、狩杖、鷹の鈴、竿鷹、鴨鷹、鳥叫び、暖鳥
【解説】
飼い慣らした鷹を用いて、野生の鳥や獣を捕獲する狩猟である。古くは朝鮮から伝来し、公家や武家の間でさかんに行われた。

*

せこの者峰にわかるる鷹野かな
惟中 「俳諧三部抄」

装束は黒にきはむる鷹野かな
浪化 「喪の名残」

助鷹のこなたにいさむ拳かな
蓼太 「蓼太句集二編」

鷹狩や畠も踏まぬ国の守
蕪村 「落日庵句集」

音のせぬものの降る夜ぞぬくめ鳥
二柳 「成美追善集」

鷹狩の上座下座や芝つ原
一茶 「九番日記」

物の緒の枯木に絡む鷹野かな
石井露月 「露月句集」

大空に一鶴白し鷹はやる
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。