炭焼(すみやき)三冬

【子季語】
炭焼小屋、炭馬、炭車、炭焼夫、炭負い、焼子、炭負女、炭橇
【解説】
木を伐採し炭窯で焼いて炭を作る仕事、またそれを行う人。かって、炭は暖をとるために欠かせないものであったから、農家が農閑期を利用して行うことが多かった。

*

炭焼や心易さの足袋雪駄
来山 「熊野烏」

炭焼のひとりぞあらん釜の際
其角 「雑談集」

炭焼きに汁たうべてし峰の寺
蕪村 「落日庵句集」

炭を焼く長き煙の元にあり
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。