寒月(かんげつ)晩冬

【解説】
厳寒の空にさえざえとある月。満月に近い寒月の夜は、冷たい月光が降り注ぎ建物の影や自分の影が地面に黒々と落ちる。いよいよ寒さが身に滲みて、帰宅の足も自ずと早まる。

*

寒月や開山堂の木の間より
蕪村 「新五子稿」

寒月や門を敲ば沓の音
蕪村 「夏より」

寒月や僧に行き合ふ橋の上
蕪村 「新選」

寒月や我ひとり行橋の音
太祗 「太祗句選」

寒月の門へ火の飛ぶ鍛冶屋かな
太祗 「太祗句選」

寒月に照りそふ関のとざしかな
几董 「井華集」

寒月や喰ひつきさうな鬼瓦 
一茶 「七番日記」

寒月のおおいなるかな藁廂
星野立子「笹目」

同じ湯にしづみて寒の月明り
飯田龍太 「忘音」

コメントは受け付けていません。