隼(はやぶさ)三冬

【子季語】
稚児隼、長元坊
【解説】
ハヤブサ科の猛禽類。鷹よりも小型。冬に海岸、河口、湖沼畔、原野などの開けた場所に住み、飛んでくる鳥を上から急降下して捕らえる。鷹匠の狩に使われることもある。

コメントは受け付けていません。