無月(むげつ)仲秋

【子季語】
中秋無月、曇る名月、月の雲
【解説】
陰暦八月十五日の名月の夜、空が曇って月が隠れている様子。待ちわびた月が隠れて見えないのは残念だが、かえって風情があるともいえよう。雲の厚さや動きによって雲間より月の光が漏れるのもよい。

*

五六疋牛ひきつるる無月かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

曼珠沙華無月の客に踏まれけり
前田普羅 「普羅句集」

山濤や無月の空の底明り
志田素琴 「山萩」 

コメントは受け付けていません。