枯葉(かれは)三冬

【解説】
冬になって枯れてしまった葉のこと。まだ枝に付いているもの落ちたものなどさまざま。枝に付いているものは風に乾いた音をたてる。青葉の時よりそれぞれの葉の形や厚みなどの特徴が際だつようだ。 

*

夕照にひらつく磯の枯れ葉かな
去来 「初蝉」

しがみ付く岸の根笹の枯葉かな
惟然 「藤の実」

鉢の木の枯葉うごいて暮れやすき
野田別天楼 「改造文学全集」 

包まれて乾酪眠れる枯葉かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。