朴落葉(ほおおちば、ほほおちば)初冬

【子季語】
朴散る
【解説】
冬になり錆び色に枯れて落ちた朴の葉。朴の葉は大きく、その落ち葉も迫力がある。山などで、壊れずにきれいに落ちたものを見かけると、まるでオブジェのようである。踏むと、大きな音が冬の山に響く。

*

朴落葉して洞然と御空かな 
川端茅舎 「川端茅舎句集」

朴の葉の落ちをり朴の木はいづこ
星野立子「笹目」

コメントは受け付けていません。