雪柳(ゆきやなぎ)仲春

【子季語】
小米花、小米桜、こめやなぎ、えくぼ花、噴雪花
【解説】
バラ科の落葉低木。柳のようにしなう枝に、真白い小さな花が群がって咲く。葉に先立って花をつけるため、満開の様子はひとかたまりの雪のよう。春風に散る細かい花びらは、風花のようである。

*

雪柳一ト朝露を綴りけり
松本たかし 「火明」

花屋の荷花をこぼすは雪柳
大谷碧雲居 「碧雲居句集」

一筋や走り咲きたる小米花
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

こぼれねば花とはなれず雪やなぎ
加藤楸邨「怒濤」

コメントは受け付けていません。