業平忌(なりひらき)仲夏

【子季語】
在五忌
【解説】
平安時代の歌人、在原業平の忌日。陰暦五月二十八日。情熱的な美男子として知られ、平城天皇の皇孫。『伊勢物語』は業平の歌を中心に展開し、登場する「昔男」のモデルも彼ともいわれている。五十六歳で卒した。

*

断髪のえりあし青し業平忌
日野草城 「青芝」

早苗田にあやめ立ち添ふ業平忌
松本たかし 「石魂」

三河女と早苗取らうよ業平忌
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。