万年青の実(おもとのみ)晩秋

【解説】
ユリ科の多年草。鉢植え、盆栽として葉と赤い実を鑑賞する。青い実が、秋が深まるにつれて深紅に熟す。濃い緑色で光沢を持つ葉と鈴なりの深紅の実が嘉祝にふさわしく、お祝いの席に用いられることが多い。
【科学的見解】
万年青(オモト)は、本州関東以西から九州の林内に生育する多年草である。大きな赤い果実が特徴的であるが、果実期は長い。オモトは、古くから観葉植物として活用されてきた代表的な古典園芸植物である。様々な園芸品種が作出されている。(藤吉正明記)

草の葉の岩にとりあふ老母草哉
鬼貫 「鬼貫句選」

花の時は気づかざりしが老母草の實
召浪 「春泥発句集」

鵯の今年も知らぬ老母草かな
移竹 「乙御前」

愚を守る庵に一鉢老母草の實
松瀬青々 「倦鳥」

望月の玉とやいはむおもとの子
東走 「新類題発句集」

万年青の実楽しむとなく楽しめる
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。