毛糸編む(けいとあむ)三冬

【子季語】
毛糸、毛糸玉
【解説】
防寒のためのセーター、マフラー、帽子などを毛糸で編むこと。ひところは、電車の中など人前でも編み棒を動かす人がいたが、最近はあまり見られない。自分のものを編むよりも、親しい人のために編むことが多いようだ。

毛糸編はじまり妻の黙はじまる
加藤楸邨「火の記憶」

プレゼント大きく軽し毛糸ならむ
松本たかし 「火明」

コメントは受け付けていません。