稲の花(いねのはな)初秋

【子季語】
富草の花
【解説】
花穂に綿毛のような花を付ける。開花時間は通常十時~十二時、終わった花が田の面に浮遊するのは風情がある。農耕の民にとって稲の花は米の出来高と直結することであり、祈りを持ってみつめる花である。

*

稲の花吸はぬを蝶の艶かな 
言水 「言水句集」

稲の花これを佛の土産かな
智月尼 「猿蓑」

先づ入るや山家の秋を早稲の花
惟然 「有磯海」

稲の花大の男の隠れけり
一茶 「一茶句帖」

此上に年を積むべし稲の花 
梅室 「梅室家集」

馬買ひてつなぐまがきや稲の花
才麿 「花の市」

白河はひくき在所や稲のはな
蝶夢 「草根発句集」

湯治二十日山を出づれば稲の花
正岡子規 「子規句集」

赤ん坊の乳に吸ひつく稲の花
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。