猩々袴(しょうじょうばかま、しやうじやうばかま)晩春

【解説】
ユリ科の多年草。十五センチほどの茎に紅紫の花が集まって咲く。名前の由来は、花の色を猩々の赤ら顔に、葉の拡がる様子を袴に見立てたからという。山野の湿り気の多いところに生える。
【科学的見解】
猩々袴(ショウジョウバカマ)は、北海道から九州の山野の湿った場所に生える多年生のユリ科植物である。新葉はロゼットとなり、放射状にはを展開する。近縁の変種としては、シロバナショウジョウバカマやツクシショウジョウバカマなどが存在する。(藤吉正明記)

猩々のつけて遊びし袴かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。