初夏(しょか) 初夏

【子季語】
夏始、首夏、孟夏
【解説】
陽暦なら五月、陰暦なら卯月のころを指す。空はからりと晴れ渡り、暑さもまだそれほど強くはない。まことにすがすがしい気候のころで、大型連休を利用して行楽客が山や海へ繰り出す。

*

暫時は滝に籠るや夏の初
芭蕉 「おくのほそ道」

初夏や棕櫚の葉ひらく影づくり
大須賀乙字 「乙字句集」

初夏や蝶に眼やれば近き山 
原石鼎 「花影」

初夏や瞳海にとぶ蝶一つ
原石鼎 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。