神の留守(かみのるす)初冬

【解説】
陰暦十月は神無月と呼ばれ、全国の八百万の神様がこぞって出雲大社に集まる。神が留守となった神社の氏子たちは不安を覚え、恵比寿様などを留守神として祀る。信心の厚さゆえか、「神の旅」「神送」「神迎」、神が集まる出雲は逆に「神在祭」など類似の季語も多い。 
*

留主のまに荒れたる神の落葉かな 
芭蕉 「小文庫」

何人のいひひろげてや神の留主 
北枝 「柞原」

開山忌となりは留主のいなり山 
浪化 「有磯海」

なら山の神の御留主に鹿の恋
一茶 「八番日記」

うつせみの羽衣の宮や神の留守
正岡子規 「子規句集」

神の留守立山雪をつけにけり
前田普羅 「新訂普羅句集」

通ひ路の一礼し行く神も留守 
松本たかし 「たかし句集」

コメントは受け付けていません。