冬の雲(ふゆのくも)三冬

【子季語】
冬雲、寒雲、凍雲、凄雲、蝶々雲、富士の笠雲
【解説】
鈍色の空に垂れ込めた雲を指すこともあれば、冬晴れの空にかかる積雲を指すことも。太平洋側は縞模様の層積雲や広がりのある乱層雲が多くかかり、日本海側大雪をもたらす積乱雲がよくかかる。

*

三日月も似合に凄し冬の雲
支考 「東西夜話」

ほんやりと峰より峰の冬の雲
惟然 「後れ馳」

冬雲の下に蝗は居ずなりぬ
前田普羅 「第二同人句集」

冬の雲生後三日の仔牛立つ
飯田龍太 「山の木」

コメントは受け付けていません。