波の花(なみのはな)晩冬

【子季語】
波の華、潮花
【解説】
岩礁に冬の高波が押し寄せ、砕け散る時にできる白い泡を花にたとえた。奥能登の海岸が有名で、大陸からの冷たく激しい季節風にもまれた黒い海に咲く白い花は美しい。

コメントは受け付けていません。