冬の雁(ふゆのかり )三冬

【子季語】
寒雁
【解説】
秋にシベリア方面から越冬のため渡って来た雁は湖沼や冬田などで群れで過ごす。「寒雁」ともいい、春に北帰するまで、寒々とした冬景色のなかで目にする機会は多い。 ちなみに「雁」「雁渡る」は秋の、「帰雁」は春の季語となる。

*

伊勢の田の芥に下りて冬の雁 
河東碧梧桐 「続春夏秋冬」

寒雁の声岬風に消えにけり 
大須賀乙字 「炬火」

磯巌にまた日かげりぬ冬の雁 
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。