鯵刺(あじさし、あぢさし)三夏

【子季語】
鮎刺、鮎鷹
【解説】
カモメ科アジサシ亜科に属する海鳥の総称。暖熱帯域に主に分布するが、南極圏にすむものも。飛翔力の強い長い翼、切れ込んだ尾、先細の嘴を持ち、地上や海面に降りることはめったにない。上空から海面近くの魚を狙い、急降下して刺すようにすばやく捕らえる。これが名前の由来。

コメントは受け付けていません。