冬夕焼(ふゆゆうやけ、ふゆゆふやけ)三冬

【子季語】
寒夕焼、冬茜、寒茜、寒落暉
【解説】
単に「夕焼」といえば夏の季語だが、「冬の夕焼」「春の夕焼」「秋の夕焼」と一年中季語としてある。冬の夕焼は、枯木立や建物のコントラストが美しく、束の間ではあるが印象深い。類題に「寒夕焼」「寒茜」もあるが、冬の夕焼に比べると、より寒中にある感が強い。 

*

ずつしりと地鶏の卵冬茜
長谷川櫂 「果実」

釘箱の釘ことごとく寒茜
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。