冷麦(ひやむぎ)三夏

【子季語】
冷し麦、切麦
【解説】
麺の一種で、小麦粉に塩を混ぜて水でこね、細くきって乾燥させたもの。素麺よりは太い。乾麺を茹でて冷水にさらし、氷を浮かべる。紫蘇や葱、茗荷などを刻んだ汁につけて食べる。涼味満点で、暑さで食欲の落ちたときなどに格好。室町時代末ごろにできたといわれ、当時は「切麦」といった。  

*

冷麦は夜のものとて月のさす 
宗徳 「よさむ」

酒の瀑布冷麦の九天より落るならむ
其角 「虚栗」

きり麦や椎の葉にもる物ならず
蝶夢 「草根発句集」

命惜しまむ冷麦のうまかりし
森澄雄 「所生」

コメントは受け付けていません。