蕎麦湯(そばゆ)三冬

【解説】
蕎麦粉を熱湯で溶き、砂糖を加えて飲む。体が温まる。ただ現在は、蕎麦の茹で汁を指すことが多い。つけ蕎麦の残り汁に混ぜたり、焼酎割りで飲む。ちなみに「蕎麦掻」「蕎麦刈」なども冬の季語。「新蕎麦」は秋の季語。 
*

新蕎麦の跡や蕎麦湯の温り
許六 「公平日記」

我のみの柴折くべるそば湯かな
蕪村 「蕪村句集」

赤椀に竜も出さうなそば湯かな
一茶 「七番日記」

姉と居れば母のするよな蕎麦湯かな
大須賀乙字 「乙字句集」

寝ねがての蕎麦湯かくなる庵主かな
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。