焼酎(しょうちゅう、せうちう)三夏

【子季語】
泡盛、粕取焼酎、甘藷焼酎、蕎麦焼酎、黍焼酎
【解説】
日本の代表的な蒸留酒で、昔は暑気払いに飲まれたが、今は通年愛飲される。サツマイモ、麦、米、蕎麦などが原料。製法により甲・乙類に分けられる。乙類は本格焼酎とも呼ばれる。元来、清酒に比べ、”安酒”のイメージがあったが、鹿児島のイモ焼酎、奄美諸島の黒糖焼酎などが近年大人気。

コメントは受け付けていません。