蛇笏忌(だこつき)仲秋

【子季語】
山廬忌
【解説】
俳人・飯田蛇笏(明治十八年四月二十六日生~昭和三十七年十月三日没)の忌日で、秋の季語。蛇笏は現在の山梨県笛吹市境川町に生まれ、早稲田大学在学時代に小説や詩、俳句に多才を発揮。帰郷後、俳句に専念し高浜虚子の「ホトトギス」で活躍。格調高い俳風で立句の名手と言われた。「雲母」を主宰した。 

コメントは受け付けていません。