野菊(のぎく)仲秋

【子季語】
紺菊、野紺菊、竜脳菊、油菊、泡黄金菊
【解説】
山野に咲く菊の総称。色もさまざまで、野路菊は白、油菊は黄、野紺菊は淡い紫、海辺に咲く白い浜菊も美しい。

*

撫子の暑さ忘るる野菊かな
芭蕉 「旅館日記」

名もしらぬ小草花咲く野菊かな
素堂 「?野句集」

重箱に花なき時の野菊哉
其角 「句兄弟」

朝見えて痩たる岸の野菊哉
支考 「其便」

なつかしきしをにがもとの野菊哉 
蕪村 「蕪村句集」

足元に日のおちかかる野菊かな 
一茶 「文化句帖」

湯壷から首丈出せば野菊かな
夏目漱石 「漱石全集」

蝶々のおどろき発つや野菊の香
前田普羅 「春寒浅間山」

頂上や殊に野菊の吹かれをり
原石鼎 「花影」

かがみ折る野菊つゆけし都府楼址
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。