懐炉(かいろ、くわいろ)三冬

【子季語】
懐炉灰、懐炉焼、紙懐炉
【解説】
外出の際などに懐に入れて体を温める携帯器具。古くは熱した石を布に包んだ温石や、懐炉灰や揮発油を用いるタイプがあったが、今は振ると熱くなる使い捨て懐炉が主流。長時間、直接肌に当てるなどすると、低温火傷を引き起こすので注意が必要。  

*

三十にして我老いし懐炉かな
正岡子規 「子規句集」

一点が懐炉で熱し季節風
日野草城 「銀」

銀懐炉まだなきがらの懐に
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。