蒸鰈(むしがれい、むしがれひ) 仲春

【子季語】
やなぎむし、柳むしがれい
【解説】
塩をして蒸した鰈を、陰干しにしたもの。干すことによって身がしまり、魚本来の旨みがまして味が良くなる。酒の肴にもよい。 

*

桃の日や下部酒もる蒸鰈
白雄 「白雄句集」

砂浜や松折りくべて蒸鰈 
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

若狭には仏多くて蒸鰈
森澄雄 「鯉素」

コメントは受け付けていません。