注連作(しめつくり)暮

【子季語】
注連綯ふ
【解説】
新藁を用いて正月に飾る注連飾りを作ることをいう。農閑期の大切な仕事でもある。神社へ納めるものは、大勢で集い敬虔な気持で行う。

*

大松の家と呼ぶ屋や注連作 
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。