雪踏(ゆきふみ)晩冬

【子季語】
踏俵
【解説】
雪の深い地方では、雪沓などで新雪を踏み固めて歩きやすいようにする。道の確保は生活、交通のため欠かせない。

コメントは受け付けていません。