大寒(だいかん)晩冬

【子季語】
寒がはり
【解説】
二十四節気の一つ。陽暦の一月二十一日ごろにあたり、このころから立春までの間が、一年のうちで最も寒さが厳しい。

*

大寒の大々とした月よかな
一茶 「七番日記」

大寒やあぶりて食ふ酒の粕
鬼城 「定本鬼城句集」

大寒や下仁田の里の根深汁
鬼城 「定本鬼城句集」

大寒や水あげて澄む莖の桶
鬼城 「定本鬼城句集」

薬のんで大寒の障子を見てゐる
亜浪 「定本亜浪句集」

霜とけて大寒こゝに終りけり
原石鼎 「原石鼎全句集」

大寒やしづかにけむる茶碗蒸 
日野草城 「青芝」

大寒の残る夕日を市の中 
石橋秀野 「桜濃く」

大寒の一戸もかくれなき故郷
飯田龍太 「童眸」

大寒の天の一角昏れあます
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。