水洟(みずばな、みづばな)三冬

【子季語】
鼻水、みずつぱな
【解説】
冬の寒い時、風邪を引いていなくても、鼻の粘膜が刺激されて水のような鼻汁が出る。これが水洟である。

*

水洟や鼻の先だけ暮れ残る
芥川龍之介 「澄江堂句集」

水洟を貧乏神に見られけり
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。