鵙の贄(もずのにえ、もずのにへ)三秋

【子季語】
鵙の早贄、鵙の贄刺、鵙の草茎、鵙の磔刑餌
【解説】
鵙は昆虫や蛙、蛇、鼠などを捕らえると、それをとがった木の枝や有刺鉄線などに刺し蓄えたりする。これを鵙の贄と呼ぶ。

*

やき芋や鵙の草茎月なき里
言水 「金剛砂」

草茎に鵙の心はしられけり
野坡 「菊の道」

草茎を失ふ百舌鳥の高音かな 
蕪村 「新五子稿」

日のさして鵙の贄見の葉裏かな
蘭更 「半化坊発句集」

大空のしぐれ匂ふや百舌の贄
渡辺水巴 「水巴句集」 

コメントは受け付けていません。