肌寒(はだざむ)晩秋

【子季語】
肌寒し、はた寒
【解説】
秋半ばから晩秋にかけて肌に直接感ずる寒さ。夜はもとより、雨の日など、昼間でも寒さを感じることが多くなり、秋が深まってゆく。 

*

湯の名残今宵は肌の寒からむ
芭蕉 「柞原」

肌寒き始めにあかし蕎麦の茎
惟然 「続猿蓑」

肌寒し竹切る山の薄紅葉
凡兆 「猿蓑」

影見えて肌寒き夜の柱かな
暁台 「暁台句集」

コメントは受け付けていません。