秋耕(しゆうこう、しうかう)三秋

【子季語】
秋起し
【解説】
取り入れのあと田畑を耕すこと。一毛作では藁などを漉きこみ土の風化を早めて来春の作付けに備える。水田における裏作の場合は、田を起こして新しく畝をつくり、ムギやナタネなどを植える準備をととのえる。

コメントは受け付けていません。