風呂吹(ふろふき)三冬

【子季語】
風呂吹大根
【解説】
冬、おいしくなる大根や蕪を厚切りにして煮たもの。柚子味噌などをかけ熱いうちに食べる。ふうふう吹きさましながら食べるので風呂吹という。

*

風呂吹やつれづれ読んだあくる朝 
土卵 「発句題叢」

風呂吹の一きれづつや四十人
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。