泡立草(あわだちそう、あわだちさう )初秋


【子季語】
秋の麒麟草、背高泡立草
【解説】
キク科の多年草。山野に見られる。秋、五十センチくらいの直立した細い茎に黄色い小頭状花を密生させる。背高泡立草は北アメリカ原産の帰化植物。草丈一メートルを超すものもあり荒地に群生する。高山のものは背が低くミヤマアキノキリンソウと呼ぶ。

コメントは受け付けていません。