弾初(ひきぞめ)新年

【子季語】
初弾、琴始
【解説】
邦楽社会に残る慣例で、新年初めて、琴、三味線、琵琶などの弦楽器を弾くこと。師匠の家に門弟が集まって行うことが多い。現代ではバイオリンやチェロ、ギターなども含む。  

*

弾初に指のふとりや琴の爪 
佳茗 「新類題発句集」

弾初や娘の指も三の糸
遊水 「千題集」

弾初や古曲を守る老女あり
松本たかし 「鷹」

コメントは受け付けていません。