鷹匠(たかじょう、たかじやう)三冬

【子季語】
鷹師
【解説】
鷹の飼育訓練を行い鷹狩りに従事する役職名。公家、武家に仕え、江戸時代最も栄えた。現在も宮内庁にはこの職名がある。

コメントは受け付けていません。