竹瓮(たっぺ)三冬

【子季語】
たつぺ、筌(うえ)
【解説】
魚類を捕らえるための道具。細い竹を筒のように編み、一端を紐などで閉じ他の一方の口から小魚が入れ、外に出られないようにしたもの。夕方沼や川に沈めて翌朝引き上げる。 

*

数あるも淋しき沖のたつぺかな
稲守 「類題発句集」

沈みたる竹瓮が濁す水の底
前田普羅 「普羅句集」

くつがへす竹瓮にまじる氷かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。