皸(あかぎれ)晩冬

【子季語】
あかがり、皸薬
【解説】
寒さにより血行が悪くなった手足に乾燥が加わり、皮膚の表面に亀裂が生じ裂けた状態。血が出ることもある。

*

皸やほそ谷川は石高み
才麿 「後しゐの葉」

あかがりをいざ灸せばや苅干火
惟然 「猿舞師」

皸をかくして母の夜伽かな
一茶 「文政版句集」

大いなる皸の手の尊しや
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。