夏蛙(なつがえる、なつがへる)三夏

【子季語】
夏の蛙
【解説】
夕立の前などによく通る声で鳴く体長三、四センチの若草色の蛙。周りの色によってからだの色を変える。

コメントは受け付けていません。