土用波(どようなみ)晩夏

【解説】
立秋前の十八日間を夏の土用とするが、その頃の太平洋側は高波が押し寄せ手くることが多い。台風シーズンの秋も近い頃の波である。

*

死にしふりして蟹あわれ土用
原石鼎 「花影」

鳥追うて遊びし智恵子土用波
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。