晦日蕎麦(みそかそば)暮

【子季語】
年越蕎麦、つごもり蕎麦
【解説】
大晦日の夜に食べる蕎麦。商家では大晦日の夜は明け方まで忙しかったので腹ごしらえのために蕎麦を食べた。今では、長寿につながる縁起のよいものとして食べられる。

コメントは受け付けていません。