送り火(おくりび)初秋

【子季語】
魂送り
【解説】
盆の十五日または十六日に先祖の魂を送るために焚く火。豆殻、苧殻などを家の門のところで焚く。

*

なつかしや送火にさそふ風の色
来山 「渡し舟」

はづかしと送り火捨てぬ女がほ
言水 「大湊」

送火の山へのぼるや家の数
丈草 「草苅笛」

送り火や顔覗きあふ川むかひ
太祇 「太祇句選」

送り火や今に我等もあの通り
一茶 「句帖写」

いとせめて送火明く焚きにけり
長谷川零余子 「雑草」

送り火をして連れもなく妻帰る
原石鼎 「原石鼎全句集」

送り火や帰りたがらぬ父母帰す
森澄雄 「四遠」

コメントは受け付けていません。