石鼎忌(せきていき)仲冬

【解説】
十二月二十日。原石鼎(一八八六~一九五一)の忌日。島根県生れの俳人。京都医専に学ぶが中退。兄の診療所を手伝う。療養生活が長かった。虚子に見出され前田普羅と並び称された。

コメントは受け付けていません。