鰻(うなぎ)三夏

【子季語】
大鰻、鰻掻き、鰻筒
【解説】
ウナギ科の淡水魚。河や池で捕えるが、食用は養殖物がほとんどである。蒲焼にして一年中食されているが、土用の丑に食べると夏負けしないと言うことから夏の季語になっている。

*

鰻焼く炭火のみゆる葭簀かな
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。