残菊(ざんぎく)晩秋

【子季語】
残る菊、菊残る
【解説】
陰暦九月九日の重陽の節句以降に咲く菊のことをいう。盛りを過ぎた晩秋の菊をさすこともある。    

*

残菊や昨日迯(にげ)にし酒の礼
太祇 「太祇句選」

コメントは受け付けていません。